メニュー
  
JMEA認定とは
  
ダンディハウスの脱毛
  
脱毛ラボの脱毛
  
脱毛士の種類は?
  
脱毛士の試験
  
脱毛士として働くには
  
           
 
   

美容脱毛士などの資格について

美容脱毛士という資格は、国家資格ではなくエステ協会によって認定される資格です。そのため、資格認定を行っているエステ協会が開校しているスクールや専門学校などにおいて設けられている美容脱毛士の取得コースを受講する必要があり、決められたカリキュラムの時間を修了することによって受験資格が与えられます。しかし、受講するスクールなどによっては美容脱毛士の取得コースを受講するためにあらかじめ決められたコースをすでに修了している必要があったり、受験資格を得るためには実務経験が必要となるので注意が必要です。そして受験資格が与えられた方は、筆記試験と実技試験に合格することによって晴れて資格を取得することができます。そのほかにも、脱毛技術において指導などを行うことができる管理脱毛士と呼ばれる資格があります。講習を受けて試験に合格することで取得できますが、美容脱毛士を取得していることが前提で、経験とより高い技術が必要となります。

医療脱毛士の資格とは

 レーザー脱毛やニードル脱毛は基本的に医療機関で行っている施術です。医師や看護師に施術してもらえる安心感がありますが、一方で、こんなことがふと気になったことはありませんか。医療従事者でも、レーザーやニードルについての専門的な知識を持っているとは限らないのでは……?  脱毛はデリケートなものですから、しっかりした技術と知識を持っている方に任せたいですよね。医療脱毛の専門資格があります。これは日本医学脱毛協会が認定しており、次の4種類があります。 レーザー脱毛士、レーザー脱毛の経験が1年以上あり、認定試験に合格すると得られるものです。ニードル脱毛士にあたるのは認定脱毛士で、次に述べる認定指導士の指導で研修を受けると得られます。認定指導士はレーザー脱毛士のキャリアが1年以上、前述の認定脱毛士を3人以上育成している方です。認定医は、毛や脱毛にかんする論文発表、または学会での発表を3回以上行っている方です。 公的な資格を持ったスタッフが在籍している場合は、クリニックのホームページなどで明記されていることが多いです。クリニックを選ぶ際の基準にしてはどうでしょうか。

脱毛サロンの見極めがつかない場合は脱毛士を判断基準に

脱毛サロンに行って、お店の説明を聞いたり、或いはカウンセリングを受けたりすることで、そのお店のことは大体分かってくるものです。しかし、初めての方は、そのお店が信頼することができるかどうか判断に迷うこともあるでしょう。もし、このように自分で判断がつかないようであれば、そのお店のスタッフが脱毛士の資格を持っているかどうかを判断基準とすると良いでしょう。必ずしもその資格がなければ脱毛サロンで働けないと言うものでもありませんし、脱毛士の資格についてもいくつかあるために、知識や技術などについても一定ではない可能性もあります。しかし、脱毛士の資格を取るためには勉強する必要がありますし、実際に資格を取ったと言うことはそれだけの勉強をしてきたと言うことです。つまりは、仕事に対する前向きな姿勢を持っていると言うことができます。そのような人が行うサービスであれば、ある程度は信頼することができると考えられるのです。

脱毛士のいるシースリー

脱毛士という仕事があるのをご存知でしょうか。全身脱毛ランキングでも頻繁に上位にいる脱毛サロン「シースリー」では、大切なお客様の体を預かりし施術するために、教育の行き届いた脱毛士を育成しています。独自の人材プログラムにより脱毛に関する知識や技術を徹底して習得させ、試験に合格した者だけがお客様の施術に携わることができます。脱毛士は、専門的な知識と信頼できる技術を持っていますから、お客様の肌の状態を確認しながら効果的な施術を行うことができます。脱毛サロンなら、どこも同じというわけではないのです。大切な肌に関わることですから、信頼のおけるサロンで施術を行うようにしましょう。施術費用が安いだけではない、予約が取りやすいだけではない、通いやすいだけではない、安全で安心して通える脱毛サロン、それが脱毛士のいるシースリーです。最新の脱毛機器があるだけではダメです。それをしっかり扱える脱毛士がそこにいなければ意味がありません。安全で安心して脱毛できるサロンを選びましょう。

Copyright (C) 2013 脱毛士とは何か調べたよ All rights reserved.
宣伝プログラムGF介護モテる方法virtualケータリング 埼玉